テイクアウト編:元店員が語る!タリーズで気持ちよいスムーズな頼み方

こんにちは、スギハラです。

今回は第2回!ということでテイクアウト編です。

(店内編はこちら!)

 

はじめに:テイクアウトも一癖ある

テイクアウトも、基本的な流れは一緒なのですが少しずつ違う点があります。

しっかり抑えて、すまし顔で注文しちゃいましょう!

ちなみに、店内編でもおつたえしたんですが、

内容は、店員目線からのものとなっています。

おとこ

めんどくさ!

と思う人も一定数いると思います。

なので、できるものでいいのでやってみるといいのかなぁって思います!

ではいきます!

STEP1:入店~レジ自動ドア「ウィーン」

おとこ

あ~暑いなぁ。冷たいもの飲みたいなあ

自動ドア「ウィーン」

店員みぎ

こんにちは~

(スタバタリーズは、「いらっしゃいませ」とは言いません!店員とお客様との距離が遠くなってしまうから、という理由だそうです!)

ぼく、一直線にレジへ

・・・・・

注意点とかなかったです。なにも。なーんにも。

主婦×

時間返せ!バカ!

すみませんでしたぁぁぁ!

普通にレジへ向かっちゃってください!

STEP2:レジでの頼み方

店員みぎ

こんにちは。店内ご利用ですか?

おとこ

いえ、テイクアウトでお願いします。

店員みぎ

かしこまりました!ご注文お伺いします。

おとこ

グランデサイズホットのカフェモカお願いします。

店員みぎ

かしこまりました。他にご注文ございますか?

おとこ

以上です!

店員みぎ

お品物お手持ちでもよろしいでしょうか?

おとこ

大丈夫です!

流れは、こんな感じですね。

では、早速注意点いきます!

スポンサーリンク

注意点①: ドリンクの注文は
サイズ→ホットorアイス→商品名の順で!

 

理由は店内編でもお話しましたが、
タリーズのレジキーは、同じ商品でもホットとアイスが別々になっています。

なので、最後にホットアイスを伝えられるとレジの操作がスムーズにいかなくなってしまい、
最悪注文の聞き直しなんてことにもなります。

もちろん、店員側の技量ではありますが、少し気を遣ってくれると嬉しくなります。

続いてはコチラ!

注意点②: お手持ちor袋にいれることを聞かれるのを忘れずに!

 

テイクアウトの時は、

  • お手持ち(ドリンクをそのまま渡される)
  • 袋にいれる

どちらかでの提供になります。

聞かれたときに、自分の要望をきちんと言えるように事前に考えておきましょう!

STEP3:お会計

店員みぎ

では、お会計◯◯円です。

おとこ

支払いタリーズカードでお願いします。

店員みぎ

かしこまりました!お預かり致します。

カードをスキャンする

店員みぎ

カードのお返しです。
商品はレシート番号で◯◯でお渡し致します。少々お待ちください。

ですね。

※「タリーズカードってなんだ?」と思った人は、コチラの
「タリーズカードとは?お得なの?」の記事で説明しているのでご覧ください!

ここでの注意点は、店内編と全く同じなので、わかってる人は飛ばしちゃってください!

注意点③:店員さんの言葉を最後まで聞いてください!

まずは、こちらのやり取りをご覧ください!

スポンサーリンク
店員さん

では、お会計さs・・

おとこ

Suicaで。

店員さん

あっはい汗こちらにタッt・・

ピピッ

黙って立ち去る。

こんな感じに話を遮られると、店員サイドはちょびっと嫌な雰囲気が流れます。えぇ・・みたいな。

最後までちゃんと話を聞いてもらえると、トラブルも減るのでありがたいです!

ちなみに、急いでいる、とか事情はあるかもしれないので一概には言えませんが、
大体遮ってくる人はただのせっかちが多かったです・・

次行きます!

注意点④:レシートを受けとるようにしましょう!

 

レシートがないと、受け取り時に商品確認が困難になります!

タリーズでは、レシートの下に書いてある番号(3ケタ)で商品確認をします。

レシートをもらわないと、受けとるとき手間取ってしまい、
おたがい複雑な気持ちになること間違いなしです。

STEP4:商品の受け取り

店員みぎ

レシート番号〇〇番でお待ちのお客様、お待たせいたしました!

おとこ

あ、ぼくだ取りに行こう

→カウンターへ行き、レシートを見せる

店員みぎ

レシートご提示ありがとうございます!お待たせいたしました、ありがとうございます!

おとこ

ありがとうございます!

→ミルクや紙ナプキンを取りにコンディメントバー(ミルクや砂糖などがおいてある場所へ行く

はい!ここではテイクアウトならではの注意点が1つありますね!

ではいきます!

注意点⑤: レシートを店員さんに見せましょう!

注意点⑥: 店員さんにありがとうを伝えましょう!

 

⑤に関しては、先ほどもちらっと言いましたが
商品確認のためです!

忘れると、受け取りがスムーズにいかなくなります。

⑥に関して、
無言でもらっていかれるほど悲しいことはないです。

タリーズって1杯1杯手作りで作ってます。

せっかく作ったものを、無言で・・・

いや、いいんですよ!全然!

ただ、なんというか、ちょっとさびしくなります。

あ、恥ずかしかったら会釈だけでもいいので!

ありがとうのやり取りがあるとお互い気持ちいいですし、飲むおいしさも倍増します!

注意点⑦(テイクアウト限定): ミルクや砂糖は自分で入れる!

 

ミルクや砂糖などは自分で取りに行きましょう!

これが落とし穴!

特に、袋でもらったときは中身を良く見ず店を出ちゃいます。が、
タリーズは、砂糖ミルクは袋には入れていません!

自分で、コンディメントバーへいき必要な分を取りましょう!

プチ注意点: 本物の牛乳は店員さんに頼む!

 

本物の牛乳を入れたかったら、レジ(またはカウンター)で伝えましょう!

タリーズでは本物の牛乳はコンディメントバーには置いていません!
ちっちゃい植物性のミルクだけです!

ですから、本物の牛乳を入れたいときは注文時はレジ、注文後はカウンターで伝えるようにしてください!

番外編:フードについて

テイクアウトのフードについて、注意点をいくつか伝えておこうかなと。

  1. 自分でレジに持ってこれるものは、自分で持っていきます!
  2. フードのあたためをお願いするとあたためる分提供が遅くなります!

特に2.について、あたりまえっちゃあたりまえですが、
急いでるときなどにやってしまわないようにお伝えしておきます!

まとめ

テイクアウトもこうやって見ると難しいですね。

これを全部理解したら、タリーズマスターって名乗っていいレベルです!!

でも、ぶっちゃけると習うより慣れろです。

この記事をじっくり読み込むくらいなら、ササっと見て実際にお店にいって頼んでみてください!

タリーズ店員は優しいのがウリですから!

みなさんのタリーズ経験がステキなものになりますように!

では今回はこのあたりで!

(店内編はコチラ)

お得情報盛りだくさん!
タリーズ関連のまとめ記事はコチラ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク