こんにちは、スギハラです。

今回は、海外のお月見と文化についてご紹介します!

 

タイトルでお察しの通りですが、海外にもお月見文化は存在します!

そして、日本と違ってユニークでおもしろいんですよ~

 

どんどん紹介していきますね!

 

はじめに:お月見のある国

というわけで、まずは「どの国」にお月見があるのか、から説明していきます!

 

お月見文化は、

アジアの国を中心に存在しているようです!

 

主婦×

ヨーロッパとかはないの?

どうやら、なさそうです。

 

お月見はざっくり言うと、「月に感謝をする」行事なんです。

(詳しい由来などは、「お月見の由来・歴史」の記事で説明しています!)

 

が、ヨーロッパの方ではむしろ「満月は不吉(おおかみおとこなどで)」と言われていたくらいでして。

とても月に感謝する雰囲気ではないですw

 

アジアの国のお月見の文化

中国のお月見

まずは、中国から!

 

中国を最初にご紹介するのには、ちゃんと理由があります!

それは、

 

中国がお月見発祥の国
だからです!

 

主婦〇

えっ、お月見って日本の文化だと思ってた!

 

えぇ、スギハラもつい最近までそう思ってましたよ。

スポンサーリンク

ですが、中国から伝わった文化のようですよ!

 

詳しくは、下の「お月見の由来・歴史」の記事にて説明しています!

 

さて、そんな中国のお月見は「中秋節」と呼ばれていて、大きい行事なんです。

月の丸さと「円満」をかけて、家族で団らんしながらすごすそうですよ!

日本ではゆったり月を眺めるイメージが大きいですが、家族でわいわいすごすそうです!

 

さらに、中国の中秋節は祝日です!

日本は普通の平日ですから、扱いの違いを感じますね!

 

韓国のお月見

韓国の中秋の名月(旧暦8月15日)は「秋夕(チュンソ)」と呼ばれています!

韓国にもちゃんと、文化はあるんですね!

 

しかも、秋夕とその前後1日が祝日になります!大がかりですね!

日本でいうお盆じゃないですが、帰省する人もたくさんいるそうです!

 

そして、月見団子的位置付けとして、「松餅(ソンピョン)」とよばれるものを食します!

松餅については、詳しく「地域による月見団子の違い」にて記しています!

台湾・香港のお月見

中国にあるんですから、もちろん台湾や香港にもあります!

スポンサーリンク

「中秋節」と呼ばれており、どちらも祝日です!

家族でわいわいすごすようで、そのあたりはやはり中国と一緒ですね!

 

少し違うところがあるとすれば、「わいわい」のしかたでしょうか。

台湾では、なぜか中秋節にBBQがトレンドになっていて、中秋節の日には町中いたるところでBBQが行われているそうですw

その様子がこちらのサイトに詳しく乗っています!

 

そして、香港では現代風に中秋節をアレンジしているそうです!

こちらの「香港政府観光局」に載っている写真の通り、ピッカピッカしてますw

香港政府観光局様より引用させていただきました。

香港政府観光局様より引用

同じ中秋節でも特徴が出ていておもしろいですよね!

ベトナムのお月見

ベトナムにもあります!

節中秋(テットチュントゥ)と呼ばれています!

ベトナムの中秋節は、月を見る文化以上に、現在ではそれ以上に子どものための日という文化が強くなっているようです!

この日が近くなると、貧しい子供のために文房具などをプレゼントしたりするボランティア活動が活発になるそうです!

なぜ「月を見る」という行為がいまあまり重要でないのかというと、
一説にはこの時期のベトナムは天候があまり良くなくお月見に適していないからだと言われています。

 

ベトナムの節中秋には起源といわれている伝説があります!

それは、クオイの伝説と呼ばれているものです。
どんなお話かというと、

昔々クオイおじさんというおじさんは妻と穏やかに暮らしていました。

ところが、妻はうっかり聖なるガジュマルの木に尿をし冒涜してしまいます。

そして、その木に座った途端ガジュマルは急成長してクオイの妻を月まで連れて行ってしまった。

 

というお話です!
詳しくは、コチラのサイトに載っています!

節中秋には灯篭を流し、クオイの妻に月から帰る道を示している、とされています!

もっとも、先ほどお伝えした通り今では「子どものための日」のいう印象が強いわけですが!

まとめ

というわけで、今回は海外のお月見事情についてご紹介しました!

アジア圏でお月見文化はしっかり根付いているんですね~

 

ですが!

ゆっくり月を眺めながらすごす

という過ごし方をしているのは日本だけです!

 

日本独自の文化を、味わいながら今年のお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか!

では、今回はこのあたりで!

スポンサーリンク