こんにちは、スギハラです。

 

今回は、インターネットを検索していてたまたま見つけたキーワード、

「タリーズ まずい」

という言葉に驚いてしまったので、色々調べてみました!

 

その中で、見えてくるものがあったので、お伝えしていきます!

 

 

「タリーズ まずい」で出てくるもの

 

というわけで、早速改めて「タリーズ まずい」で検索して色々見てきました!

ふむふむ・・・

出てきたものは、大体「あ~それはマズいわ」ってものばっかりでした。

インターネットなので、真偽は不明ですけど、数が尋常じゃなかったのである程度の信憑性はあるのかなと。

たちの悪そうなクレームも何件かありましたが。

で、検索結果に出てくるもので1番多かったのがこちら!

店員さんの態度がまずい

圧倒的にこれでしたね。

あふれんばかりの対応の悪さへのクレーム。

  • 「挨拶がない」

  • 「笑顔がない」

  • 「ミスしても謝らない」

・・・う~ん、そりゃ怒って当然ですよ。

というか、そんな店舗あるんですね。スギハラ的に衝撃です。

 

タリーズは経営方針や、その他もろもろ「ホスピタリティー」をめちゃくちゃ意識してるはずなんですが・・

これが、本社と現場との意識の差ってやつなんですかね・・

 

高いですよね、タリーズって。

スポンサーリンク

周りを見渡せば一杯200円でコーヒーが飲めるのに、320円ですからね。

そこには「ホスピタリティー」という付加価値がついているはずなんです。

(コーヒー豆の品質はめちゃくちゃいいですからそこにも価値はありますが。)

 

高いお金を出してもらってる以上、そこはちゃんとしなきゃダメですよね・・

 

続いては、コチラ。

ドリンクがぬるい

これもある意味「店員さんの対応」のくくりではありますが。

  • 「ホットラテなのにぬるかった」
  • 「あつめでと言ったのにぬるい」
  • 「アイスラテなのにぬるかった」

 

などを見かけました。

これ、一番上はその人が熱いのに慣れている、という可能性も否定できません!

どういうことかというと、タリーズのラテは標準で仕上がり60~65℃くらいになります。
普段他のお店で熱いドリンクを飲まれているとぬるく感じてしまうかもしれません!

 

ちなみにこの60~65℃というのは、ミルクの甘味成分が最大限に引き出される温度だと言われています。65℃を超えてくると、甘味成分が壊れてしまうそうです。

 

しかし、下の2つはアカンですね。

ていうか、なんだ。ぬるいアイスラテって。

ちゃんとマニュアル守ってればそんなことにはならないはずです・・

 

ちなみに、こういうのもありました。

「ホットラテの泡が多すぎてもはやカプチーノだった」

これに関しては、2通り考えられます。

  • 店員さんの技量の問題
  • タリーズ側のマニュアルと好みが合わなかった

 

この2つですね。少し説明させていただきます。

 

詳しくは言えないんですがタリーズのホットドリンクは、ミルクをスチームして泡を作ります。

そして、この作る泡の量の規定がかなり多いです。

他のカフェのレシピはわかりませんが、業界トップクラスだと思われます。

 

つまり、レシピ通り作ってもアワアワになるんですね。

(よく言えば、フワフワです!)

 

さらに、大量の泡を作るのって結構難しいんです。ちょっとしくじると、泡感がめちゃめちゃに出ます。

熟練の店員さんでも、気を緩めると失敗することがあるレベルです。

 

なので、↑の不満を言われていた方は、ちょっとスチームがうまくいかなかったものを受け取った可能性と、単純にタリーズのふわふわのラテが好きじゃなかった可能性と2通り考えられます!

 

店員さんが失敗したのかなと感じたら、一回言ってみていいと思います!

作り直してくれる可能性が高いです。

スポンサーリンク

 

あとは、ふわふわが苦手だったら、
「ミルク(液体)多目」「泡少なめ」などのカスタマイズができるので、それで対応してもらうのもありです!

 

続いて多かったのは、こんな内容のものです!

パスタがまずい

なるほど・・・という気持ちです。スギハラ。

 

パスタについては、こちらの記事で詳しく説明しているのでこちらをご覧ください!

 

調理方法的に、「失敗」っていうものはないので、恐らくまずかったら単純に「タリーズのパスタ」が合わなかったって感じだと思われます!

 

専門店と比べてコーヒーがまずい

あぁ・・これ言われたらもうなにも言い返せません。

 

タリーズは、全国展開のチェーン店です。

味を画一化するために、

  • 機械で抽出
  • 焙煎のタイミングも工場で管理

といった条件でやってますから、自家焙煎できちんとしたバリスタが淹れる一杯には叶いません。無理です。

 

ですが、豆の品質が高いのは事実ですし、機械で抽出しているからこそ一定のレベルのおいしさは保証されています!

 

個人店はたしかにおいしいところはめちゃくちゃおいしいです!

でも、お店の数も少ないですし、店内の席数もそんな多くないですよね。

 

なので、味で比べてしまう人は、そこで比べるんじゃなくて、

そこそこ品質の高いコーヒーを日本どこでも飲める、席数の多いカフェ

みたいな認識をしてもらえると、また変わってくるのかなと思います!

 

まとめ

はい!というわけで、「タリーズ まずい」で検索して出てきたコメントに、元店員がお節介ながらコメントさせていただきました!

 

店員さんの対応が悪い店舗がたくさんありそうな事実にスギハラは驚いています。

そういう店舗に出会ったら、ちゃんと不満の声をあげていいと思います!

明らかに店舗の責任なので!

 

たしかに、専門店と比べたら味は劣っていますけど、メニューの多さとか、雰囲気とかいいところもたくさんあるのでそういった良くない店舗は減ってほしいなと思います!

それで、みなさんにタリーズのよさにもっともっと気づいてほしい!笑

 

・・と長くなってしまいましたが、今回はこの辺りで失礼します!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓良ければポチっとお願いします!


人気ブログランキング

スポンサーリンク

 

お得情報盛りだくさん!
タリーズ関連のまとめ記事はコチラ!